外来受診をされる方へ

当院では、感染症の予防を目的として外来通院中の皆様、及び付き添いの方につきましても以下のことにご協力をお願い致します。

1.非接触型体温計で検温(おでこで検温)をします。37℃以上の場合、わきの下で再検温します。
2.1週間以内の発熱・体調不良がある場合は、お申し出ください。
3.2週間以内にコロナウイルス感染症拡大地域を訪れた方はお申し出ください。
4.付き添いの方も1~3をお願い致します。
5.玄関入り口に消毒液を設置しておりますのでご利用ください。入り口横の手洗い場もご利用ください。

1~4を確認後、外来スタッフが別途ご案内する場合がございますので、ご了承願います。

ニュース

【重要】新型コロナウイルス感染症の蔓延防止のため面会禁止のお願い(7月10日掲載)

鹿児島県内で新型コロナウイルス感染症が発生し、県内全域に拡大しています。クラスター関係およびそれ以外でも感染者が発生しており予断を許さない状況が続いております。
入院患者様は、高齢者や基礎疾患のある方が多く、面会によって新型コロナウイルスが持ち込まれる可能性があり、非常に危険です。
患者様の安全のために、恐れ入りますが、当分の間、面会を禁止とさせていただきます。
ただし、以下の場合は、面会可能です。

□病院からの呼び出しがあった場合
□入院、退院、他科受診などで付き添いが必要な場合
□患者様の状態を配慮し、医師の許可がある場合

面会時は、受付に設置してある面会者用チェックシート(※)を記入していただき、体調や感染者との接触歴などを確認させていただきます。問題なければ、チェックシートを病棟入口で病棟スタッフに提出のうえ面会可能となります。その際には、マスクの着用、手指の消毒をお願いします。なお、面会についても必要最小人数となりますのでご了承願います。

着替えや洗濯物を搬入する場合は、面会をせず病棟入口での受け渡しになります。受付後、受付スタッフが病棟スタッフへ連絡をとります。その後、 病棟入口で着替えや洗濯物をお渡しください。


 面会者用チェックシート(印刷してご利用いただけます)


2020年12月01日

【重要】取引業者様へ・新型コロナウイルス感染症の蔓延防止ためのお願い(7月10日掲載)

鹿児島県内で新型コロナウイルス感染症が発生し、県内全域に拡大しています。クラスター関係およびそれ以外でも感染者が発生しており予断を許さない状況が続いております。
入院患者様は、高齢者や基礎疾患のある方が多く、感染リスクが高く、非常に危険です。患者様の安全のために、当分の間、来院時は以下の手続きをお願い致します。

①病棟に入られる方(要検温) 
受付で検温をし、受付に設置してある新型コロナウイルス感染症関連チェックリスト(※)を記入

②病棟には入らず、病院の滞在時間が比較的短い方(要検温) 
受付で検温をし、受付に設置してある<大口病院来院管理記録簿>に記入

③宅配、郵便、定期的な納品をされる方は、滞在時間が短いため当院での検温無し

 ※ 新型コロナウイルス感染症関連チェックリスト(印刷してご利用いただけます)


2020年12月01日

11月12日 ふれあいセンターにて認知症出前cafe 行いました

11月12日、大口ふれあいセンターにて生涯学習講座「シニア生き生き教室」にて認知症予防講話を行いました。参加された24名の方々より、「久しぶりに笑顔が作れた。」「もの忘れが多いですが、認知症でしょうか?」など、質問や感想をいただき、これからも地域社会に貢献できる活動を続けていきたいと思いました。お招きいただきありがとうございます。

 

~当日の様子~

認定心理士と作業療法士とでアイスブレイク。ストループテストとコグニサイズで脳と体のストレッチ♪

 

看護師が、「料理は大事な認知症対策」と題して、前座講話を行いました。
男性の受講生から、「料理はしないが、片付けはしている。認知症予防になる?」
・・・うなる質問 ありがとうございます(^_^)v

 

メインの講話は、管理栄養士が、「認知症予防に効果のある食材 DHA・EPAについて」をお伝えしました。
魚に多く含まれるDHA・EPAも料理方法で量がかわるようです。せっかくのDHA・EPAを失わない料理の工夫が必要ですね。缶詰は骨まで食べることができるので優れものです。
シーチキンは原材料が異なるとDHA・DPAの量が異なります。ちょっとお高くなりますが、ビンナガマグロが一番多く含むようです。スタッフも勉強になった・・と言っておりました(^-^)。
展示して置いた缶詰をみて 「買えませんか?」・・受講生の即行力 伝わりました。

工房あけぼの開発の黒豆茶 試飲コーナーを設けました。
丹波より定期購入されている方からおかわりの催促(*^。^*)

 

次は、第10回しあわせcaféミモザを11月28日 14:00~ 開催予定です。
ご参加お待ちしております。

 

 


2020年11月13日
» 続きを読む

精神保健福祉事業を通して幸せなまちづくりを担います

医療法人慈和会大口病院は昭和29年に開設され、伊佐地区唯一の精神科医療機関として心の病を抱える方々の治療に従事して参りました。時代のニーズに合わせて変化しながら現在は大口病院を中心として、様々な施設を有する慈和会全体で地域の精神保健福祉を担っています。多様化した心の不調にも関係機関、行政などと協力して地域密着型医療、支援にあたることをめざしています。