ニュース一覧

『認知症カフェ』 第15回が開催されました

『認知症カフェ』 第15回が開催されました

9月25日認知症カフェを開きました。
今回は、15名の方が参加されました。参加がはじめての方が1名いらっしゃいました!
毎回欠かさず参加してくださる方も大勢いらっしゃいます。ありがとうございます。

 

さて、今回は私たち職員も待ちわびた<介護体験>でした。

でも・・まずは、アイスブレイクから。今回も、心理師が楽しいクイズを出題してくれました。黒木心理師が一生懸命考えてきました。

その名も<昭和クイズ>です。
参加者のほとんどの方が働き盛りの頃の昭和!
参加者の方の反応も良く盛り上がりました。私も青春時代は昭和(青春時代っていいまわしが既に昭和ですが・・)、クイズ楽しみました!!
皆さんも考えてみませんか? 

 

 

【問題1】

 

【問題2】


【問題3】

 


答えが分かりましたか? クイズの答えを考えている間、側頭葉が活性化されています。。。
答えは最後にありまーす。

 


さて、介護体験ですが、Aさんに講師をお願いしたところ、「自分の経験が皆様のお役に立てば・・・」と快く介護体験の講師を引き受けてくださいました。
ただ、急遽来られなくなってしまったため、Aさんに了承いただき、片岡心理師が事前のインタビュー内容を代読しました。代読という形でしたが、大変な介護を試行錯誤しつつ一生懸命遂げられたことが伝わる内容でした。参加者への「介護をしている人・頑張っている人に伝えたいこと」のメッセージは、心に響きました。メモを取られる方もいらっしゃいました。ここに載せられなくてごめんなさい・・
あと、片岡心理師、代読とてもうまかったです。すごく伝わりやすかったです。

 

講話が済んだら、皆さんと談話の時間です。
講話を聞いた後の意見交換はいつもよりも活発で積極的に発表していただきました。講話についての意見交換だけでなく、ご自分の体験等も話していただきました。

 


体験談を聞くと職員の私たちもとても勉強になります。マイナスイメージになりがちな介護を、「こうすればできるかもしれない?」と工夫され、笑いや幸せな気持ちを持ちながら過ごしておられることを知りました。認知症は、本人が苦しまなくても良いから、「神様からの贈り物です。」とお話しされた事が心に残ります。

皆さん、積極的にお話されていました


Aさん、本当にありがとうございました。

さて、今回は、黒豆茶のお友に≪パン工房アンファン≫の試作あんバターブッセをおくばりしました。

 


コロナ禍ですので、その場で召し上がって頂く事はできませんでしたが、余りを1つもらって食べた私の感想です! 
デリシャス~おいしかったです。
≪パン工房アンファン≫ で あんバターブッセ、1つ100円を間もなく店内販売できそうです。

 

最後に、冒頭のアイスブレイクの答えです~

【問題1】ダッコちゃん

【問題2】脱脂粉乳

【問題3】三波春夫


次回は、11月27日(土)の開催を予定しています。皆さまのご参加お待ち申し上げます。



※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

2021年10月15日

『認知症カフェ』 第14回が開催されました

『認知症カフェ』 第14回が開催されました

7月24日認知症カフェを開きました。
今回は、11名の方が参加されました。参加がはじめての方が4名いらっしゃいました!
そのうち、お一人は伊佐市の広報誌に掲載する写真撮影のために、認知症の勉強を始めたばかりのPR課の職員の方でした。

 

まずは、アイスブレイク
心理師が、ストループ効果を使ったゲームを用意しました。

ストループ効果って?ストループ効果とは「文字の色の情報と文字の意味が持つ情報、それぞれ二つの持つ情報が矛盾している場合、答えを導き出すまでに時間が掛かってしまう現象」です。
例えば、これ↓

緑色で<赤>と書いてある文字、「なんと読みますか?」と聞かれたら、一瞬「あれっ?」って思いますよね…? 文字と色が干渉しあうそうです。即答できなくても、この「あれっ」っと思うことで側頭葉を活性化するらしいです。
毎回、いろんなゲームを紹介してくれる心理師さんたちです!

 

そして、今回のメイン講座は、
『お薬との優しい付き合い方 ~安全、安心なお薬の使用について~』

当院の薬剤師がお話しました。
副作用と薬物有害事象について、高齢者になるほどお薬が多くなっていること、安全安心なお薬との付き合い方について話をしました。

ここで、ひとつ
<安全安心なお薬との付き合い方>のまとめです。
①使っているお薬は必ず伝えましょう
②自己判断でお薬の使用を中断しない
③むやみにお薬をほしがらない
④若いころと同じだと思わない  そして
⑤分からないことがあれば相談しましょう!
⑤が一番大事ですね!
①にはお薬手帳が活躍です!
また、<認知症に関連する Q&A>では、日ごろの皆様の疑問。。。
例えば薬を飲み忘れた時はどうしたらいいの?
残った薬があります。どうしたらいいの?
などなど、一つひとつ薬剤師が答えました。

皆さん真剣です(^-^)

 

実際に、参加者からの質問も…薬の飲み方や、血圧の薬についてなどより具体的な質問もありました。

皆さん真剣に聞いていらっしゃいますね

薬剤師がお答えします!

講話後の談話・・
◆初めての参加で不安だったが、良い雰囲気でお茶やお菓子もおいしかった。母親が認知症だが、お薬について飲み忘れた時の対応法を聞けて良かった。介護で心ギスギスしていたが心が和らいだ。来てよかった。
◆・・・・薬の飲み方は参考になった。以前と違う話がきけてよかった。母親がたくさん薬を飲んでいるが早速チェックしたい。
◆ここに来たいという人が多い。交通手段があればたくさんの人が参加できるかもしれない。検討してほしい。
⇒ 出張カフェもしております。ご希望の内容を聞いて近くの公民館などでカフェを開催します。お気軽にご相談ください。
◆認知症の勉強をはじめたばかり。皆さんの声、プロの声が聞けて勉強になった。たくさんの人にカフェをしてほしい。広報いさ9月号で紹介し皆さんのちからになりたい。(PR課)
⇒ ありがとうございます。広報よろしくおねがいいたします。

本日も参加していただきありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

次回は、9月25日(土)の開催を予定しています。皆さまのご参加お待ち申し上げます



※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

2021年08月10日

『認知症カフェ』 第13回が開催されました

『認知症カフェ』 第13回が開催されました

5月22日認知症カフェを開きました。
今回は13名の方が参加されました。参加が初めての方が2名いらっしゃいました!うれしい(^-^)

 

アイスブレイクは心理師が担当し、今回は連想ゲームをしました。
『連想ゲームは、4つの言葉のてがかりから共通するある1つのものを考えるゲームです。

連想ゲームとは
・赤い
・甘い
・青森
・パイ

さて、この4つから何を思い浮かべましたか?

 

連想ゲームには、前頭葉を活性化する効果があります。』 
前頭葉って?『前頭葉は、考えたり、記憶したり、判断したり、気持ちをコントロールするなど日常生活を送るうえで大切な機能をつかさどる脳の部位』です。
自分で考えて答えを閃いたときだけではなく、難しい問題でも答えを聞いて「あぁ、なるほどそうか!」とピント思った時にも前頭葉の活性化につながるのですよ。さて、先程のこたえは・・・「りんご」でした!

 

今回のメイン講座は、『回想法』今回は、作業療法士が担当しました。
回想法とは、『過去のことを話すことで精神を安定させ認知機能の改善も期待できる心理療法のこと』です。
<思い出のものや、写真、映像を見ることで昔の記憶を蘇らせる>こと、<思い出したことを人に話すという行為が脳を活性化させる>特色があります。

皆さん真剣に聞いていらっしゃいますね

 

回想法について説明があった後、令和から平成、そして昭和まで回想シートにそって遡ってきました。みなさん、それぞれの時代の思い出もたくさん話してくださいました。

 

【社会の出来事】【生活】【流行】3つのカテゴリー、特に昭和はそれぞれ懐かしいものばかり。山野線に乗って通学したこと、ピンクレディーの歌は今でも歌えます!

オイルショック、初期の頃の洗濯機・・絞り器の部分で指を挟んだ痛い思い出・・・昭和33年11月27日皇太子のご成婚発表・・どこのテーブルでも話が弾みました。

 

最後に、工房あけぼので作った「竹・灰・もち米・きな粉」で連想するもの、そうです!あくまきをみんなで頂きました。

 

次回は、7月24日(土)の開催を予定しています。皆さまのご参加お待ち申し上げます。

 

 

※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

2021年06月05日

『認知症カフェ』 第12回が開催されました

『認知症カフェ』 第12回が開催されました

3月27日に第12回認知症カフェを開きました。
今回は17名の方が参加されました。
参加がはじめての方が4名いらっしゃいました!うれしいです(^-^)

アイスブレイクは心理師が担当しました。
文字の並び替えをしましたが、回答も早かったです。
次回は少し難しめに?かなぁ。

今回は、大口・菱刈包括支援センター認知症地域支援推進委員の添田一二美氏と西本みき氏に「認知症支援者からパートナーヘ~将来に備えて知っておきたいこと~」というタイトルで講話をしていただきました。
認知症に対する伊佐市の施策と取り組み、認知症地域支援推進委員の役割や症例などをあげ説明していただきました。 とても興味深い内容でした。
参加者からは、「家族が認知症を患ったとき、初めの相談場所がわからなかった。」とのご意見もあり、実際、地域包括支援センターを利用したことがある参加者は2名で、地域包括支援センターの役割の周知がまだまだ十分ではないのかなとも感じました。今後もこのような機会を設け、多くの市民に知っていただくことが必要だと思いました。

この講話を聞いた後、様々なご意見を頂きそれぞれのテーブルで談話を楽しんでおられました。認知症カフェを開催している私たちにもとてもうれしいご意見もありました。

☆カフェ参加しても今の気持ちを伝えて良いか解らない。テーブルに座っていると、スタッフが話しを聞きに来てくれた。とても嬉しかった。
☆大口病院は敷居が高くて来たことがなかった。一人暮らしで他者との関わりが少ないからカフェに参加出来て楽しいと感じた。 
☆何度か重ねて利用するようになり、カフェに慣れていろいろ聞きやすくなり、学びも多く良かったです。
☆高齢者は人に会うことが大切。外へ出て行くことが大事。挨拶や会釈だけでも元気になれる。閉じこもっている方を少しでも外に出す機会を与えたい。
などなど他にもたくさんご意見をいただきました。

さて、スタッフもテーブルについてお話を伺っているときに、ひとつ気になるコメントを頂きましたのでご紹介します。
今回、包括センターが配布した資料の一つに、「認知症チェックリスト」がありました。それに対して「このようなチェックリストだけで認知症の早期発見に繋げないでほしい。あなたは早期の認知症ですよというレッテルを貼られるようだ。」「認知症チェックがいくつ当てはまれば認知症の診断がつくのか?」と言われました。このようなパンフレットをいろんな場所でもらうとのことです。確かにそうです…。
認知症チェックだけでは診断はつきません。診断までには診察やいろいろな検査をして総合的に診断されます。「最近忘れっぽいな~」など気になったときに?利用する道具です。当てはまる項目があるから認知症ということではなく、まずは自分で簡単にできるチェックリストとお考え下さい。


最後に、認知症地域支援推進員 添田氏・西本氏からも参加した感想を頂きました。
「伊佐市の委託先である、「しあわせカフェミモザ」は専門職のいる強みを活かして、認知症の人や家族が孤立しないよう気軽に相談出来る環境が作られていた。講話を行ったことで委託先と認知症カフェの目的について協働出来、適切なサービスや専門職と繋がる為の連携強化となった。伊佐市の取り組みを知ってもらう事や認知症への理解を通して、認知症になっても安心して暮らせる地域として、地域及び人との繋がりが徐々に広がっていけるよう認知症地域支援推進員として活動を行なって行きたい。」

これからも連携をとって認知症になっても住みやすい地域つくりに貢献したいです。添田さん、西本さんありがとうございました。
そして参加してくださった皆様ありがとうございました。

 

※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

2021年05月24日

『認知症カフェ』 第11回が開催されました

『認知症カフェ』 第11回が開催されました

昨年は、コロナウイルス感染症対策として開催中止の月もありましたが、参加者にも感染防止策にご協力をいただきながら再開しています。今回で第11回目になります。

今年の第一弾は、1月23日に開催しました。社会福祉協議会から介護専門支援員の山口英仁氏をお招きして<ずっと我が家で暮らそう>をテーマにお話をして頂きました。参加された皆様そして当院スタッフからも多くの質問や体験談の共有など活発な意見交換ができました。参加者の皆様この場をお借りし、御礼申し上げます。誠にありがとうございます。

アイスブレイクは後出しじゃんけんゲーム。
「ジャンケンポン」「ポン」の掛け声で前頭葉に刺激。

講話をして下さった主任介護支援専門員の山口英仁さんです。
父親が転勤族だった為、転居を繰り返してきた山口さん。
ご利用者様と話をしていると「からいも標準語」が理解できない部分もあるそうです(笑)

介護保険制度って良い制度ですよ~(^_^)vみなさん、真剣です(^_^)

講演を終えて意見交換の時間
ファシリテーターを務めた公認心理師の竹原です。勉強になるな~。

認知症は神様からのご褒美よ☆

利用者とケアマネージャーの相性はとても大事。どうすれば相性の良いケアマネージャーさんと出会えるかな~??

毎回好評いただいている黒豆茶です!!黒豆の香りがCaféの雰囲気にあいますよ~ (*^。^*) 

語らいと交流の場からみんなで認知症を知り一緒に支え合っていけたら素敵ですね(*^。^*)
次回は3月27日(土)の開催を予定しています。皆さまのご参加お待ち申し上げます♪

※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

2021年02月08日

『認知症カフェ』 第10回が開催されました

『認知症カフェ』 第10回が開催されました

11月28日(土)、第10回のしあわせcafeミモザをオープン致しました。
今回は、管理栄養士が、<認知症予防に効果のある食生活>についてお話しました。また、五感で秋を感じる催し(焼き芋)を企画し、焼き芋のおいしい匂いに参加された方々の笑顔が印象的でした。共に、素敵な時間を過ごすことが出来ました。この場をお借りし、御礼申し上げます。誠にありがとうございます。
次回は、令和3年1月23日の開催を予定しています。皆さまのご参加お待ち申し上げます。

 

アイスブレイクは「逆さ言葉」を行い前頭葉と側頭葉に刺激(^_^)v

 

本日のメイン講話は、ビタミンCとビタミンE、葉酸の働きと調理法を紹介しました。ご夫婦で参加されている方から、「女性の仕事(家事)を理解できる機会になりました。」と、おのろけ?を聞けましたよ♪

 

換気の為、窓を開放すると、秋の味覚 石焼き芋の香りが室内に漂ってきました。五感をくすぐります。

 

本日のお茶「黒豆茶」
手動式と自動式で焙煎して作ってみました。焼き芋機を見学されている方も多く、「買いますので…。」とお財布を持ち駆けよる方もあり、ワクワクしました。(*^。^*) もちろん、焼けたお芋をいっしょにいただきました。ご馳走様~

 

次回、しあわせcafeミモザの案内を、ご参加下さった皆様で行いました。
皆様のご参加、お待ち申し上げます♪

※参加者の方の了承を得て画像掲載しております

 

 

 

 


2020年12月16日

11月12日 ふれあいセンターにて認知症出前cafe 行いました

11月12日 ふれあいセンターにて認知症出前cafeを行いました

11月12日、大口ふれあいセンターにて生涯学習講座「シニア生き生き教室」にて認知症予防講話を行いました。参加された24名の方々より、「久しぶりに笑顔が作れた。」「もの忘れが多いですが、認知症でしょうか?」など、質問や感想をいただき、これからも地域社会に貢献できる活動を続けていきたいと思いました。お招きいただきありがとうございます。

 

~当日の様子~

認定心理士と作業療法士とでアイスブレイク。ストループテストとコグニサイズで脳と体のストレッチ♪

 

看護師が、「料理は大事な認知症対策」と題して、前座講話を行いました。
男性の受講生から、「料理はしないが、片付けはしている。認知症予防になる?」
…うなる質問 ありがとうございます(^_^)v

 

メインの講話は、管理栄養士が、「認知症予防に効果のある食材 DHA・EPAについて」をお伝えしました。
魚に多く含まれるDHA・EPAも料理方法で量がかわるようです。せっかくのDHA・EPAを失わない料理の工夫が必要ですね。缶詰は骨まで食べることができるので優れものです。
シーチキンは原材料が異なるとDHA・DPAの量が異なります。ちょっとお高くなりますが、ビンナガマグロが一番多く含むようです。スタッフも勉強になった・・と言っておりました(^-^)。
展示して置いた缶詰をみて 「買えませんか?」・・受講生の即行力 伝わりました。

工房あけぼの開発の黒豆茶 試飲コーナーを設けました。
丹波より定期購入されている方からおかわりの催促(*^。^*)

 

次は、第10回しあわせcaféミモザを11月28日 14:00~ 開催予定です。
ご参加お待ちしております。

 

 


2020年11月13日

『認知症カフェ』 第9回が開催されました

第9回しあわせcafeミモザ 開催のお礼


9月26日 第9回しあわせcafeミモザをオープンすることが出来ました。
参加された皆様との時間は有意義なひと時でした。スタッフ一同御礼申し上げます。
当日の写真をアップしました。ぜひ、ご覧ください。
さて、11月12日は大口ふれあいセンターにて出前cafeを開催します。

ご要望のある方はお知らせください。
次回しあわせcafeミモザは、11月28日に開催予定です。ご参加お待ち申し上げます。
        

~当日の様子~

オープニングは公認心理師によるアイスブレイク 足踏みしりとりで脳を活性化しましょう

 

メインイベント看護師によるカンフォータブルケア講話
✿入院生活における看護師の対応を<悪い例>と<いい例>を動画にしてみました。
参加者の皆さんには、家での対応に置き換えてもらいました。「…もっと優しく接しなければならないと思った」との感想をいただきました。
そのほか、介護についてたくさんの質問がありました。

 

本日のお茶菓子は工房あけぼの作成の黒豆茶とハーブクッキー。体にやさしいですよ~。   

 

健康運動指導士 土生さとみ先生の飛び入り参加があり、参加者の皆さんと身体を動かしました。

 

最後は、管理栄養士が皆さんのお食事の様子を伺いました。
次回は、管理栄養士が講話を担当します。
この結果を、次回のしあわせcafe講話の内容に活かしますね♪   

 

 


2020年10月16日

新型コロナウイルス感染症の蔓延防止のため面会禁止のお願い

鹿児島県内で新型コロナウイルス感染症が発生し、県内全域に拡大しています。クラスター関係およびそれ以外でも感染者が発生しており予断を許さない状況が続いております。
入院患者様は、高齢者や基礎疾患のある方が多く、面会によって新型コロナウイルスが持ち込まれる可能性があり、非常に危険です。
患者様の安全のために、恐れ入りますが、当分の間、面会を禁止とさせていただきます。
ただし、以下の場合は、面会可能です。

□病院からの呼び出しがあった場合
□入院、退院、他科受診などで付き添いが必要な場合
□患者様の状態を配慮し、医師の許可がある場合

面会時は、受付に設置してある面会者用チェックシート(※)を記入していただき、体調や感染者との接触歴などを確認させていただきます。問題なければ、チェックシートを病棟入口で病棟スタッフに提出のうえ面会可能となります。その際には、マスクの着用、手指の消毒をお願いします。なお、面会についても必要最小人数となりますのでご了承願います。

着替えや洗濯物を搬入する場合は、面会をせず病棟入口での受け渡しになります。受付後、受付スタッフが病棟スタッフへ連絡をとります。その後、 病棟入口で着替えや洗濯物をお渡しください。

 面会者用チェックシート(印刷してご利用いただけます)


2020年07月10日

取引業者様へ・新型コロナウイルス感染症の蔓延防止ためのお願い

鹿児島県内で新型コロナウイルス感染症が発生し、県内全域に拡大しています。クラスター関係およびそれ以外でも感染者が発生しており予断を許さない状況が続いております。
入院患者様は、高齢者や基礎疾患のある方が多く、感染リスクが高く、非常に危険です。患者様の安全のために、当分の間、来院時は以下の手続きをお願い致します。

①病棟に入られる方(要検温) 
受付で検温をし、受付に設置してある新型コロナウイルス感染症関連チェックリスト(※)を記入

②病棟には入らず、病院の滞在時間が比較的短い方(要検温) 
受付で検温をし、受付に設置してある<大口病院来院管理記録簿>に記入

③宅配、郵便、定期的な納品をされる方は、滞在時間が短いため当院での検温無し

 ※ 新型コロナウイルス感染症関連チェックリスト(印刷してご利用いただけます)


2020年07月10日

慈和会フェスタ 会場図を掲載しました

この度、医療法人慈和会ならびに社会福祉法人慈和会は、これまでの感謝の気持ちと、地域の皆様と幸せな街つくりを目指したいという思いをこめて「第一回慈和会フェスタ~つながり~」を開催する運びとなりました。是非ご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


【日時】
 令和元年11月16日(土) 10:30~14:30
 ※少雨決行 荒天中止

【場所】
 大口病院 駐車場

【内容】
 ・精神科、認知症などに関する相談コーナー
 ・栄養士による食事に関する紹介コーナー
 ・福祉用具の展示、体験コーナー
 ・ステージ発表
 ・地域の就労支援事業所による野菜、雑貨販売コーナー
 ・地域飲食店による飲食コーナー
 ・お子様が楽しめるミニゲームコーナー 等

また、11月5日(月)~11月16日(土まで大口病院外来中待合室にて、
患者様が日頃の活動で作成された様々な作品の展示コーナーを設けてあります。是非ご覧ください。


※駐車場は数に限りがある為、出来るだけ乗り合わせの上お越しください。
※慈和会フェスタ開催日は外来診察は休診とさせていただきます。ご了承ください。





 


2019年11月08日

11月16日(土) 第一回慈和会フェスタを開催します

この度、医療法人慈和会ならびに社会福祉法人慈和会は、これまでの感謝の気持ちと、地域の皆様と幸せな街つくりを目指したいという思いをこめて「第一回慈和会フェスタ~つながり~」を開催する運びとなりました。是非ご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


【日時】
 令和元年11月16日(土) 10:30~14:30
 ※少雨決行 荒天中止

【場所】
 大口病院 駐車場

【内容】
 ・精神科、認知症などに関する相談コーナー
 ・栄養士による食事に関する紹介コーナー
 ・福祉用具の展示、体験コーナー
 ・ステージ発表
 ・地域の就労支援事業所による野菜、雑貨販売コーナー
 ・地域飲食店による飲食コーナー
 ・お子様が楽しめるミニゲームコーナー 等

また、11月5日(月)~11月16日(土まで大口病院外来中待合室にて、
患者様が日頃の活動で作成された様々な作品の展示コーナーを設けてあります。是非ご覧ください。


※駐車場は数に限りがある為、出来るだけ乗り合わせの上お越しください。
※慈和会フェスタ開催日は外来診察は休診とさせていただきます。ご了承ください。


 


2019年11月02日

2019年4月の外来診察医予定表を掲示しました

2019年4月より、馬場先生の診察日が変更になります。

2019年3月まで 水曜日・金曜日・土曜日(第2・4・5週)
 ↓
2019年4月より 月曜日・金曜日・土曜日(第2・4・5週)

 

2019年03月05日

本城グループホームが移転しました

本城グループホーム移転のお知らせ


菱刈の本城地区にありました認知症対応型グループホームが、平成18年鹿児島県北部豪雨災害等の影響もあり、施設の老朽化が進んでいることなどから、11月10日に大口病院敷地内に移転致しました。

グループホームサンフラワー・のぞみに関するお問い合わせは下記までお願い致します。

TEL:0995-23-0022

2018年11月12日