理念・基本方針

大口病院の理念

人権尊重と自立支援
安全な医療の提供

大口病院の基本方針

  1. わたしたちは患者さんの人権を尊重し、
    安心かつ満足できる医療と環境の提供に努めます。
  2. わたしたちは患者さんの自立と
    社会参加を支援することに努めます。
  3. わたしたちは地域と共に歩む病院づくりを目指して関係機関と連携し、
    医療・福祉を通じて地域社会への貢献に努めます。
  4. わたしたちは医療従事者としての役割を自覚し、
    資質向上のために日々研鑽することに努めます。
  5. わたしたちは職員が誇りと希望を持って働ける職場づくりを目指します。

    看護部理念


患者様の権利と責務

  1. 平等で良質な医療を受ける権利
    常に人間として尊重され、平等な医療を受けることができます。
  2. 個人情報保護とプライバシーに関する権利
    すべての個人情報は守られます。私的なことにみだりに干渉されない権利があります。
  3. 知る権利
    医療上の情報について十分な説明を受けることができます。また、診療録の開示を求めることができます。
  4. 自己決定の権利
    医療行為について自ら選択することができます。十分な説明ののち、提案された医療行為を自らの意志で選択する、同意して受ける権利を有します。また、それらを拒否する権利を有します。
  5. セカンドオピニオン
    ご自身の負担で、他の医療機関の医師の意見を求めることができます。
    セカンドオピニオンについて


ご挨拶

医療法人慈和会大口病院 理事長 永田雅子

 医療法人慈和会大口病院は昭和29年に開設され、半世紀以上伊佐地区唯一の精神科医療機関として心の病を抱える方々の治療に従事して参りました。時代のニーズに合わせて変化しながら現在は大口病院を中核として、様々な施設を有する慈和会全体で地域の精神保健福祉を担っています。認知症、統合失調症、気分障害をはじめとして、多様化した心の不調にも関係機関、行政などと協力して地域密着型医療、支援にあたることをモットーとしています。
 「慈和会」の名が示すように真の友に対するような穏やかな親愛の念を持って目の前の一人ひとりの心に寄り添い、専門職の和(チーム医療)で問題解決に励みます。

 あなたと一緒に幸せを探す病院になりたいと思っています。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional